高い作画技術を使ったエロアニメ作品の記事ページ

金髪ツンデレロリは正義

私は昔から漫画が好きだった。自分好みのシチュエーションの
漫画があるとすぐに買って
読み漁っていた。次第に私は大人になると同時に
エロ漫画に手を出すようになっていった。
現実の女性も魅力的だったがそれ以上に
エロ漫画に出てくるキャラクターたちの魅力の方が
上だったのだ。特に私が好きなジャンルといえばロリ系だ。
決して現実では実現できない様な幼い少女とも
エッチができるエロ漫画が非常に大好きなのだ。
そして最近もう一つ好きなジャンルができたのだ。
それがエロアニメ動画だ。
自分が好きなエロ漫画作品が次々に映像化されていき
ドンドン人気のエロアニメが増えている。
最近のお気に入りの作品は
「生膣ひゃくぱぁせんと! 」という作品だ。
元々エロ漫画が原作のエロアニメだが
原作のクオリティを落とすことなくアニメ化に成功した作品だ。

このアニメはイノベーティブアニメーションシリーズの作品で
基本的に原作コミックの線画流用して原画を作成している。
そしてそれをフラッシュアニメに近い手法で
動画に仕上げた作品になっている。
その為、賛否両論が大きく分かれているが
根強いファンが多いのが特徴だろう。
高い作画クオリティと完成されたキャラ。
ロリ好きなら絶対に見てほしい作品だ。
プレイ内容としてはお風呂場でスク水姿の
金髪ロリ娘がねっとりと肉棒をシゴくスク水コキや
巨乳ロリがバニー姿で濃厚フェラを披露して
大量に吹き出る精液を嬉しそうに浴びて
飲み干すシーンやハーレム3Pセックスなど
内容も盛りだくさんで非常に実用性が高い作品になっている。
物語終盤になってもクオリティが衰える事はなく
非常に高いレベルのエロアニメ作品といえるだろう。
今後はイノベーティブアニメーション技術を用いた
エロアニメ作品も増えてくるはずなので
先駆け的なこの作品は絶対に見ておくべきだ。